MR協会について


日にち  平成29年4月22日・23日(土日)
時間  09:30~17:30 昼休み1時間休憩を含みます。
主任講師  前田理香 MRインストラクター
会場 JICA東京(幡ヶ谷)(代々木上原または幡ヶ谷)
 〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-5 TEL  03-3485-7051(代表)
 京王新線「幡ヶ谷」駅より徒歩約8分
小田急線/地下鉄千代田線「代々木上原駅」より徒歩約12分 

内容 本講座では、通常のカウンセリングはもちろんのこと、危機介入の場で不可欠なカウンセリングの基礎技術について学びます。 

予定されている講義内容
  • メッセージコントロールとは
  • 5ステップ
  • 要約・質問(さまざまなバリエーションと、メッセージの込め方)
  • 悩みが解決していくプロセス(2つのルートと9メッセージ)
なお、すでに基礎講座を受講済みの方も、実践的なカウンセリングに十分な自信を持てない方も、ぜひ受講することをお勧めします。
定員  30名(先着順) ※最小催行人数10名
受講資格  以下のいずれか1つ(以上)に該当される方
  • 産業カウンセラー、臨床心理士、精神保健福祉士
  • 上記以外の民間のカウンセリング団体の有資格者
  • 10時間以上の傾聴訓練を終えている方(修了証や受講団体名・講座名などを申告)
  • 傾聴を必要とする実務に就かれている方(簡単に業務内容をお知らせください。)
 ※次の方は、いずれの講座も受講できません。
  • 医療機関受診中で、受講にあたり医師の許可を取っていない方
  • その他、MR協会が受講困難と判断した方
※ご自分が受講可能かどうかわからない場合は、講習担当窓口にお問合せください。
備考  ※平成24年度より「基礎講座2:自殺念慮対処」「基礎講座3:惨事対処」を受講するには、メッセージコントロール講座を受講済みであることが条件になりました。

 ※CPS(クライシス・ピア・サポーター)を受験するためには、メンタルレスキュー協会が主催する危機介入カウンセリング基礎講座1から3をすべて修了する、または(社)日本産業カウンセラー協会で開催される上記3講座と同等の講座を修了することが必要です。また、各講座は最低8割の受講によって修了とみなされます。受験をお考えの方はご注意ください。 

※「相談しがいのある人になる 1時間で相手を勇気づける方法 (こころライブラリー)」下園壮太著を
お読みになってこられると講座の理解が容易になります。

ご不明な点がありましたら、講習部までお問合せください。

受講料 15,500円(会員)※各種別とも事前振込みのこと
20,500円(一般)  
10,800円(再受講者:2日参加)
  5,400円(再受講者:1日のみ参加)

再受講に
ついて
※再受講者も下記開始日から受付可能です。
再受講の参加枠は各講座2名ですが、全体の参加人数に空きがある場合には増員してお受けします。(再受講は、会員の方に限ります)
お申込  お申込みフォームにてお申し込みください。
(フォームは受付期間のみ有効となっています)
受付期間 平成29年3月22日(水)20:00から 
平成29年4月14日(金)20:00まで
※再受講者も上記開始日から受付可能です。
振込先 三井住友銀行  伊勢原支店 
預金種目 普通 口座番号 6901764   
名義 特定非営利活動法人 メンタルレスキュー協会 

※振込みの際、氏名の前に、コード番号 K01を入力してください。
キャンセルについて
 
  • 講座、認定会の開催1週間前までは手数料1,000円を除き全額返金いたします。
  • 6日から前日まで半額を返金いたします。
  • 当日のキャンセルまたは連絡のない欠席の場合、事前入金いただいた受講料は返金いたしかねます。
受講をキャンセルする場合は、ご返金先の口座を記載の上、講習担当窓口にメールでお申し出ください。メールの到着時を基準に、上記の通り返金いたします。
申込に関する注意事項
  • 受講のお申込の方が定員になり次第、受付を締め切ります(先着順)。
  • お申込の方には、当協会から折り返し、件名「受講申込を受付いたしました」メールを送付し、受講料等の入金ご案内を差し上げます。受講料は、このメール到着後にお振込みください。
  • 当協会が振込確認後、件名「受講手続きが完了しました」のメールを送付します。講座開講の最終のご連絡をいたします。
その他  受講者の個人情報は厳重に管理し、受講手続きにのみ使用いたします。

講座について

平成29年度講座

平成28年度講座

平成27年度講座