MRI認定試験

MRI(メンタルレスキュー・インストラクター)認定試験

試験内容

20,000円

試験内容

以下の要領で試験を行います。
  1. 第1課題:支援目的調整面接
  2. 第2課題:基礎講座の一部の講義

試験の流れ

  1. 支援目的調整面接(20分)
  2. 口頭試問(5分)
  3. 基礎講座の一部の講義(40分)
  4. 受講者からの質問(10分)
  5. 口頭試問(10分)

受験資格

以下の条件を全て満たす方が受験いただけます。
  1. CPS資格取得後2年以上、もしくはUCPC資格取得後1年経過していること
  2. MRC資格を有すること。
  3. 惨事対処についてチームとしての介入2回以上(協会以外の場でも可)、自殺念慮対処、惨事対処のカウンセリング、研修講師等を5回以上の経験があること
  4. 基礎講座および自主勉強会において、以下の計算に基づく経験を6ポイント以上有していること ・基礎講座での実技指導:2ポイント/回、(基礎講座の8割出席) ・勉強会の主催:1ポイント/回
  5. 基礎講座または課目講師勉強会において、メッセージ・コントロール、自殺念慮対処、惨事対処のそれぞれの課目講師を1回ずつ以上実施すること
※次の方は、いずれの認定試験も受験できません。
  • 医療機関受診中で、受験にあたり医師の許可を取っていない方
  • その他、MR協会が受験困難と判断した方

注意事項

  • 試験の様子を録音・撮影することはできません。
  • 受験を終了された方は、他の受験者に試験の内容などを知らせないでください