MR協会について


MRC認定試験 合格者番号

平成27年度の合格者番号掲載期間は終了しました。(2016.1.6)

認定までの今後の流れ

MRC実技試験を合格された方は、「惨事対処」および「自殺念慮対処」に関する自らの対応事例を1件ずつレポートにまとめ、2つのレポートをまとめて提出し、審査を受けていただきます。
当該レポートには、各講座で習った面接の手順ならびに注意点に基づいた振り返りを記載してください。
提出は合格から1年以内とします。提出後、2 週間以内に審査を行い、結果を通知致します。
レポート作成要領および提出につきましては、会員のページ/MRCのレポート審査についてに詳しく掲載してありますので、必ずご確認ください。
ご不明な点がございましたら、認定委員会までお問い合わせください。

レポート審査に合格後、協会の認定を希望する方は、以下の振込先に認定料 2,100 円をお振り込みください。入金確認をもって認定と見なし、事務局より認定シールをお送りします。
MRCの認定日は振り込み日といたします。
詳しくは、レポート審査結果を通知するメールにてご案内いたします。

振込先 認定料はレポート審査に合格してからお振り込みとなります。

三井住友銀行  伊勢原支店
預金種目 普通 口座番号 6901764
名義 特定非営利活動法人 メンタルレスキュー協会 

※振込みの際、氏名の前に今回の試験の振り込み識別番号 N04
 を入力してください。

ご入金の確認もれを防ぐため、お振り込みいただいた際には、事務局にメール連絡をお願いします。

活動編成名簿登録のご案内

MR協会では、それぞれの会員がその実力に応じて、どのような「協会の活動」に参加していただくかを明確にし、協会と会員個人が同じ認識を持てるように、活動編成名簿を作成しております。その名簿に登録できるのは、CPS以上の資格を保有している方です。また、この名簿に登録するためには登録申請をしていただき、活動編成委員会で承認される必要があります。活動編成委員会は年に4回開催されます。

MRC合格認定を受けると出来ることについては、会員のページ/活動編成名簿についてをご覧ください。「保有資格の登録活動範囲」の項に示してあります。

次の開催は平成28年3月6日(日)です。

それまでに、この会員のページ内の「活動編成名簿の登録について」をよくお読みになって、是非ご登録ください。また、お申込みは、当該ページの「活動編成名簿の登録フォーム」に必要な事項をご記入の上、送信ください。

活動編成名簿についてのご不明な点は、事務局までお問い合わせください。

危機介入上級講座(組織支援)Ⅳ:惨事後ミーティング実践のお知らせ

レポート審査に合格し、MRCとして認定されると、「危機介入上級講座(組織支援)Ⅳ:惨事後ミーティング実践」の受講資格が得られます。
受講料:15,500円(パイロット版のみの受講料金です。平成28年度以降は25,800円です。)

危機介入上級講座(組織支援)Ⅱでは、グループミーティングの進め方の概論を勉強しましたが、本講座では、実際の介入現場で惨事後ミーティングのファシリテーターとして進行できるレベルを目指し、惨事後ミーティングのロールプレイを反復練習します。
本講座は、平成27年度はパイロット版としての開催で、平成28年度より正式講座として開講されます。
次回パイロット版の開催は、平成28年3月12-13日(土日)です。このパイロット版講座を受講修了すると、平成28年度に予定されている惨事後ミーティング実力試験の受験資格が得られます。
(このパイロット版講座の受講を希望する方は、レポート提出を2月20日頃までに終えるようにしてください。)
講座の詳細は、受講受付開始になりましたら、該当の募集ページをご覧ください。