危機介入上級講座(組織支援)

危機介入上級講座(組織支援)

今年度の講座の日程は、年間スケジュールをご覧ください。

上級講座 (組織支援)1「効果的な心理教育と情報提供」

「自殺念慮対処」「惨事対処」の場面で、周囲へ情報提供することの意義と、重視すべきポイント(メッセージ性)を中心に学びます。
主な項目は以下の通りです。
・事例による自殺対処、惨事対処の復習
・惨事介入戦略ツールとしての情報提供
・惨事後の情報提供の実習

*受講資格や受講料などの詳細はこちらへ。

上級講座 (組織支援)2「グループミーティングのファシリテーション」

惨事後の介入手法の一つである惨事後ミーティング(応用デブリーフィング)の目的、メリット・デメリットを理解し、その効果的な実施要領を学びます。
主な項目は以下の通りです。
・惨事後ミーティングの注意事項
・惨事後ミーティング実習1,2,3(リレー方式の実習)
・ミーティング後に使用できるストレスケア(呼吸法、EFT,リラクセーション)
・惨事後ミーティング後のファシリテーターケアの方法

*受講資格や受講料などの詳細はこちらへ。

上級講座 (組織支援)3「チーム介入の戦略的手法」

企業やある組織にチームとして介入する場面を想定し、介入の考え方、説明の手法を中心に学びます。
主な項目は以下の通りです。
・介入戦略概論
・介入戦略実習1(惨事)・実習2(自殺のケース)
※いずれもシナリオを元に戦略の立案と説明実習

*受講資格や受講料などの詳細はこちらへ。

上級講座 (組織支援)4「惨事後ミーティング実践」

危機介入上級講座(組織支援)2では、グループミーティングの進め方の概論を勉強しました。
本講座では、実際の介入現場で惨事後ミーティングをどのようにデザインし、円滑に進めていけるよう根回しをし、ファシリテーターとして進行できるレベルを目指し、惨事後ミーティングのロールプレイを反復練習します。
・1日目AM:グループミーティングの復習
・1日目PM:シナリオの理解、事前調整、惨事後ミーティング、振り返り
・2日目AM:シナリオの理解、事前調整、惨事後ミーティング、振り返り
・2日目PM:シナリオの理解、事前調整、惨事後ミーティング、振り返り
※本講座は、惨事後ミーティングファシリーテーター認定試験も兼ねています。受講中のパフォーマンスを実力認定の試験として評価します。(受験希望者のみ)

*受講資格や受講料などの詳細はこちらへ。