MRI認定試験(オンライン試験)

MRI(メンタルレスキュー・インストラクター)オンライン認定試験

受験料

20,000円

試験内容

以下の要領で試験を行います。
  1. 第1課題:支援目的調整面接
  2. 第2課題:基礎講座の一部の講義

試験の流れ

*受験者数や状況により支援目的調整面接と基礎講座の一部の講義の順番が入れ替わります。
  1. 支援目的調整面接(20分)
  2. 口頭試問(10分)
  3. 基礎講座の一部の講義(40分) ←(45分に変更:2021.01.22)
  4. 受講者からの質問(10分)
  5. 口頭試問(10分)

試験の流れ

MRI認定試験は、2科目の試験が実施されます。 それぞれの試験で集合時間が違いますので、ご注意ください。

第1課題:支援目的調整面接の試験
集合時間前には必ずZOOMにアクセスしてください。メインルームに案内されるまで待機室でしばらくお待ちください。
①受付:集合時間になりましたら、メインルームにご案内いたします。メインルームで、端末の種類(PC/タブレット)、音声チェック、ビデオが表示されるかどうかの確認と当日の試験の流れを、お伝えいたします。
②シナリオの受領、戦略立案等:試験準備室にて、試験4日前にお手元に届いている封書(資料:支援目的調整面接がどの時点から始まるのかなどが記載されたシナリオ)を、係の者の指示にて開封していただき、資料をご確認いただきます。確認いただいた資料(シナリオ)をご覧いただき支援目的調整面接を実施できるように進め方や方向性、ゴールを考察してください。考察の時間は45分です。
③受験:45分経過したら自動的に試験会場に移動させられます。試験会場に行きましたら、試験員の指示に従い、準備をし、シナリオで示された場面から、目の前にいるクライシス・サポートをご相談いただいている組織の方へ、支援目的調整面接を約20分実施していただきます。その後、支援目的調整面接の内容に関して、試験員から、10分ほどの質問を受けます。こちらで第1課題終了です。終了後は試験員の指示に従ってください。

第2課題:基礎講座の講義の1部の試験
集合時間前には必ずZOOMにアクセスしてください。メインルームに案内されるまで待機室でしばらくお待ちください。
④再受付:集合時間になりましたら、メインルームにご案内いたします。メインルームで、端末の種類(PC/タブレット)、音声チェック、ビデオが表示されるかどうかの確認と第2課題の試験の流れを、お伝えいたします。 その後試験会場に移動させられます。
⑤受験:試験会場に行きましたら、試験員の指示に従い、準備等を5分でしていただきます。その後講義を45分、受講者(認定部が募集をした会員の方)からの質問を10分受け、その後、講義の内容に関して、試験員から、10分ほどの質問を受けます。
⑥結果の通知:試験が終わった後は、試験員の指示に従ってください。結果は、試験後2週間を目途に、全体講評と共に、合格者の受験番号を協会HPに掲載します。

<ご注意>
受験者の人数によっては、第1課題:支援目的調整面接の試験と第2課題:基礎講座の講義の1部の試験が入れ替わる場合があります。その際は、受験番号、受験日時をお知らせする際にご連絡を差し上げます。(2022.08.05追記)

受験資格

以下の条件を全て満たす方が受験いただけます。
  1. CPS資格取得後2年以上、もしくはUCPC資格取得後1年経過していること
  2. MRC資格を有すること。
  3. 惨事対処についてチームとしての介入2回以上(協会以外の場でも可)
  4. *2018年9月15日・16日の組織支援総合実習及び2020年10月23日・24日のリモート合宿:組織支援、2021年9月4日・5日のリモート合宿:組織支援にて支援チームで参加された方は、それぞれ1回とカウントしてください。       
  5. 自殺念慮対処、惨事対処のカウンセリング、研修講師等を都合5回以上の経験があること
  6. *当協会でのクライシスサポート(3のチームとしての介入)に行き、自殺念慮・惨事対処のカウンセリングをした実績も含みます。
    *研修講師に6は含みません。
  7. 基礎講座および自主勉強会において、以下の計算に基づく経験を6ポイント以上有していること
    ・基礎講座での実技指導:2ポイント/回、(基礎講座の8割出席)
    ・勉強会の主催:1ポイント/回
  8. 基礎講座または基礎講座体験会において、メッセージ・コントロール、自殺念慮対処、惨事対処のそれぞれの課目講師を課目ごと各1回以上実施すること
※次の方は、いずれの認定試験も受験できません。
  • 医療機関受診中で、受験にあたり医師の許可を取っていない方
  • その他、MR協会が受験困難と判断した方

試験申込について

1.試験の申込は、試験日より約2ケ月前になります。
2.受験対象者には、認定部から直接メールでご連絡をいたします。
3.試験申込のときまでに、上記の受験資格を満たしていること。

参考:受験者へのアドバイス

CPS認定試験の結果発表時に、主任試験員からのアドバイス・講評を今までの試験分掲載しています。ぜひ試験前に参考にしてください。ポイントが沢山記載されています。
アドバイス・講評はこちらから

注意事項

  • 必ず、緊急連絡用の携帯を手元にお持ちください。
  • 試験途中、ZOOMで問題(PCから落ちてしまった等)が発生した場合は、速やかにお電話ください。
  • 試験で使用する可能性がある資料・ツール(ホワイトボード、マーカー等)は自分でご準備ください。また、実際のカウンセリング場面で使用する資料・ツールとして評価します。        参考資料:*ZOOMの使い方*(ホワイトボード編)
  • 試験の様子を主任試験員が、試験の公平性を確認するためレコーディングします。
  • 受験を終了された方は、他の受験者に試験の内容などを知らせないでください。

備考

受験にあたっては「認定試験を受けるにあたっての注意事項」を読んで、試験の趣旨をご理解の上お申し込みください。
※受験日時は、原則として希望にお応えすることは出来ません。
※毎年度、2月頃、次年度以降にMRI認定試験の受験を希望するか否かのアンケートを、CPSを取得後2年経過しており、MRCの資格を有する会員を対象として実施しています。そのアンケートに必ずご回答願います。